19560511-09

It Never Entered My Mind
(Rodgers - Hart) 
(5分24秒)


【この曲、この演奏】

 資料15によればこの曲は、1940年のミュージカル「ハイアー&ハイアー」の主題歌であり、シャーリー・ロスが歌ったものです。その後は数多くのジャズ・マンに愛されていきました。

 資料06によれば、コルトレーンのこの曲のスタジオ録音は、本セッションだけです。他にはマイルス・クインテットでの1955年10月18日と1956年9月15日の2回のライブ演奏記録があり、共に私家録音で、1955年のものに関してはCDで世に出たことがあります。また資料08によれば、マイルスは5回この曲の演奏記録があります。

 さて演奏ですが、ガーランドのピアノは甘いカクテルのようにまろやかな気分に、マイルスのミュート・トランペットは辛口ウォッカ・ベースのカクテルのように心に染み入るものです。こんなスロー・バラッド演奏は、滅多にお目にかかれない出来です。

 さてコルトレーンのテナーですが、最後の数秒に微かに聴こえるだけ。演奏しているとは言えないものです。コルトレーンにも聴かせどころをと思いながら、この極上のバラッド演奏にはまだまだとのマイルスの判断かとも思いました。


【エピソード、少年時代に関心を寄せたもの】

コルトレーン少年は他の少年と同様に、ビリヤードにも関心を寄せていた。近所には数件のパーラーがあり、そこでは5セント白銅貨1枚で遊べた。エイト・ボールで遊んでいたが、コルトレーンはいつも負けていたようだ。(資料01)


【ついでにフォト】

19560511-09

2005年、香港


(2019年2月1日掲載)