2004年10月1日(金)の新聞から

トップ記事

日経「食住費 自己負担に、長期療養入院 高齢者対策、厚労省方針、月5万円程度」

読売「京都議定書 来春にも発効、温暖化防止批准案、露政府が承認」

朝日「京都議定書 来春にも発効、ロシア批准を閣議決定」

 1997年12月の京都会議で採択された気候変動に関する国際的取組についての京都議定書は幾多の動きがある中でアメリカが加わらない状況下ですが、2005年2月に発効しました。これに続くパリ協定は2015年12月にアメリカも加えて採択されましたが、その後のアメリカ新大領による動きはみなさんご存知の通りです。


この日の朝日新聞から

気になった記事
 2面総合面に「ペットボトルビール発売白紙、アサヒビール アルミ缶より回収率低い、消費者から反響、影響を再検証へ」とあります。こんな動きがあったことを、私は初めて知りました。記事中に「韓国や欧州では普及している」とあります。確かにwebで調べますと、そのようであります。日本で普及しなかった理由に、ビールの場合は特殊なペットボトルを使うため、リサクルの難しさがあるとの記述がありました。


目にとまった広告
 3面生活面の広告に、日本常識力検定協会のものがあり、「11月28日(日)」が試験日となっています。2001年から始まった民間団体による検定試験であります。この検定についてのWikipediaのページではまだ続いているようでしたが、そこにあるこの団体のページは閉鎖されていました。いくつか検索すると、2011年には試験が行われたようですが、翌年にはひっそりと消えていったようです。

TV欄を見ると
 TV欄を見ますと、大リーグ年間最多安打記録目前のイチロー選手を取り上げた番組が多くありました。残念ながらこの日には達成できませんでしたが、翌日の試合の第一打席でタイ記録、第二打席で新記録を達成しておりました。