1965年1月1日(金)の新聞から

トップ記事

日経「民衆の心を忘れるな、何より核戦争回避」
 これは、あすの世界をめざしてというコラムで、レイモンド・アロン氏が執筆しています。氏はこの時はパリ大学教授でした。亡くなる1983年まで活発な執筆活動を行い、日本でも何冊も翻訳本が出版されています。

読売「65年を核軍縮の年に、米大統領、ソ連首脳へメッセージ、拡散防止など四項、軍備整理を急ごう」

朝日「首相新春の抱負、急ぎつつも焦らず、日中打開、佐藤体制作り、本紙政治・経済・外報三部長に語る」


この日の読売新聞から

気になった記事
 14面に「お正月を外国で、観光と日本脱出、手軽に国際版レジャー」とあります。新しい正月のスタイルが出来てきたとのこと。ハワイと香港が人気らしいです。

目にとまった広告
 正月らしく映画の広告が多く、最もスペースを割いているのが「サーカスの世界」です。ジョン・ウェインとクラウディア・カルディナーレが出演しています。

TV欄を見ると
 おせち番組は3割ほどでした。
 NHK10:00「年始特集 冬富士」があり、山頂に三台のカメラを設置し、生中継するとのものです。