2001年4月24日(火)の新聞から

トップ記事

日経「予備選41都道府県で勝利、小泉自民総裁きょう選出、26日に首相指名、江藤・亀井派と政策合意」

読売「小泉氏、予備選で圧勝、地方票123票獲得、新総裁きょう誕生、小泉氏123,橋本氏15,亀井氏3,麻生氏0」

朝日「亀井陣営と政策調整、小泉氏、きょう自民総裁に選出、党三役人事はあす」

 この後5年半続く小泉政権が確実になった日でした。
 2回の改造があった第一次、それぞれ1度づつの改造だった第2・3次、それぞれの閣僚を眺めてみると、印象に残っている閣僚が多いのが、他の内閣との違いとして感じました。


この日の朝日新聞から

気になった記事
 小泉一色の紙面の中で「小泉氏の人事語録」という記事があり、6つの発言が載っており、その中で「派閥順送りの人事をやめ、当選回数にこだわらず、若手及び女性の適材を閣僚に登用する」とあります。どの首相も語ることなのですが、これを実行したのは小泉首相だけだったのでは。

目にとまった広告
 書籍・雑誌の広告の多さの中で、PCの雑誌が目立ちます。Paso, Xaboon PC, 日経モバイル,日経PC21などです。
 因みに雑誌の総発行部数は1997年の37億部をピークにして、この2001年は48億部と右肩下がりになり、今に続いています。(株式会社出版ニュース社「出版年鑑」より)

TV欄を見ると
 ビートたけしの番組は好きで見ていますが、合計13年の海外生活ゆえ、見られなかった期間が長いのですが、存在を知らない番組はないと思っていましたが、TV欄テレ朝20:00「たけし・所のWA風が来た!」は知りませんでした。2001年4月17日から2002年3月12日まで放送された情報クイズ番組とのことです。