2001年1月3日(水)の新聞から

トップ記事

日経「ニューヨーク上場加速、アドバンテスト・NECなど、2、3年以内に15社、M&Aに備えて」
 アドバンテストとNECは、ニューヨーク証券取引所、通称ビッグ・ボードに上場しませんでした。

読売「家庭の力取り戻せ、世界5大学長 クローンベルク座談会」
 この日から連載開始の「21世紀の人間を語る」で、初日のテーマは「教育」でした。

朝日「ロボットと進化競争、20xx年 わが家に鉄腕アトムがやってきた。人と機械は共存するか。未知の頭脳へ挑む、改造人間に騒然」
 元旦開始の「日本の予感」という連載です。


この日の朝日新聞から

気になった記事
 6面経済面に「デビットカード利用経験3%、経企庁調査、使えれば使いたい48%」との見出しがあります。私にはデビットカードの利便性を感じませんので、今でも使った経験などありません。因みに私の今のキャッシュレス比率は83%です。ネット通販を中心にしたクレジットカード払いと銀行引き落としでの支払いです。


目にとまった広告
 6面に文芸社の広告があり、「あなたの原稿を出版します」としています。文芸社は今での活躍しており、小説コンテストを積極的に行っているようです。紙世代が定年となり、昔の夢を求めて、これから自費出版が一層盛り上がるのではと思いますが、その後は一気に下火になるのでしょう。


TV欄を見ると
 おせち番組で埋まっております。今年のだよと言われても、信じてしまうような内容です。無理なのは紳助さんのバラエティ物と、藤田まことさん主演の2時間ドラマだけでしょう。