1977年4月1日(金)の新聞から

トップ記事

日経「中国と長期協定、原油・石炭を安定輸入、中国はプラント購入へ、経団連訪中団が合意」

読売「200カイリ実施を早める、対ソ協定に備へ、政府 今国会で立法化」

朝日「政治決着をめざし打診開始、線引きには触れず、200カイリ水域、きょうから操業停止」

 日本は200カイリ水域を設定していなく、日ソ漁業協定でソ連が一方的に日本の漁船を取り締まっていることへの対応です。

この日の朝日新聞から

気になった記事
 社会面に「安宅マンの人生模様、中年・不況組ひえびえ、花にそむいてまた180人去る、即戦力引く手あまた」とあります。会社が吸収された時の切なさ、私も体験しました。

目にとまった広告
 夕刊に東急日本橋店の広告「第4回北欧の家具イケア・ビッグバーゲン」とあります。イケアは今では独自での展開で日本で10店舗近く営業していますが、最初の日本進出は1974年に三井物産・チトセ(今のアイリスチトセ),そしてこの広告の東急百貨店がイケアと契約し合弁会社イケア日本を設立したものでした。結果的に思わしい展開とならず、12年後にイケア日本撤退となったのです。

TV欄を見ると
 東京12チャンネル21:00「金曜スペシャル、パリ・エロチカ華麗なる官能の世界」とあります。今ではこの番組、TV自主規制のため、地上波では深夜でも放送出来ないでしょうね。