1971年11月6日(土)の新聞から

トップ記事

日経「為銀規制やめる、為替管理 通貨調整後は一新、大蔵日銀 変動幅拡大に対処、円建での輸出入促進」
 1971年8月15日の第二次ニクソンにより、ブレトン・ウッズ体制が終結し、戦後続いてきたドル円固定相場制は終わったことに対する政府の対応である。因みに政府の為替管理の下、外貨は全て政府に集中し、外国への支払いは特定の場合に許可する厳しい管理を行ってきた。

読売「沖縄審議ブレーキ、政府窮地、強行採決も、補正成立は9日に、外相ミスで衆院一日空転、趣旨説明 きょうやりなおし」
 本会議での福田外相の趣旨説明で、原稿の綴じ違えによる読み違えというミスがあったとのこと。

朝日「周首相、国連復帰後初めて語る、阻めぬ歴史の潮流、国連入り自信を持ち謙虚に、日中国交回復なお時間、後藤朝日新聞東京支局編成局長と会談」
 1945年の国連発足時には中華民国が常任理事国となったが、国共内戦で中華民国は台湾に逃れ、1949年10月1日に中華人民共和国が建国を宣言した。しかし国連では中華民国が中国の代表となっていたが、1971年10月25日のアルバニア決議により国連から台湾を追放し、中華人民共和国が中国の代表となった。


この日の日経新聞から

気になった記事
 9面には「海外進出計画早める、八百半デパート、ブラジルでの成功で、75年までに5店舗展開」とあります。私は、ヤオハン沙田(香港)店には、深い想い出があります。

目にとまった広告
 日本橋三越の広告に「三越独占公開!、ソニー・カラー・ビデオ・カセット・プレーヤー、待望の新製品ついに登場」とあります。VP-1100で23万8千円。またソフトでイ・ムジチ合奏団「四季」がこの広告に載っていますが、値段は4万5千円です。

TV欄を見ると
 TV欄を見ると、殆どの番組にカラー放送印がついています。NHK教育以外では、カラー放送印が無い番組を探すのに苦労するほどです。