1962年10月10日(水)の新聞から

トップ記事

日経「決着迫られる日中貿易、延払い西欧以上も、硫安・農薬は困難だが、通産省方針、自民調査会は慎重論、高碕氏には条件つけず」
 翌月には、この延払いを含む日中総合貿易(LT貿易)に関する覚書を結びました。日本側は高碕達之助が交渉者となりました。
 この方は通産大臣、初代経済企画庁長官などを歴任された方です。政治家になる前は、東洋製罐を設立したり、電源開発の初代総裁といった経歴を持っているお方です。今に続く日中貿易の礎を築いた方と言えるでしょう。

読売「石炭調査団答申案の全容、42年度に安定、出炭量五千五百万トン、離職者は七万、閉山千二百万トン」

朝日「石炭答申まとまる、資金対策面で新味、一部会社負債タナ上げ考慮」


この日の読売新聞から

気になった記事
 14面社会面に「足立氏が正式辞退、五輪組織委員会長」とあります。東京五輪に向けて苦労が多いのは、今と一緒のようです。
 津島壽一氏の辞任から会長不在でしたが、辞任から4カ月経った2月に安川第五郎氏が会長に就きました。

目にとまった広告
 三菱銀行の広告に「三菱サイン預金、通帳が財布です」とあります。名前と暗号が通帳に書かれているが、普通では読めない仕組みとのこと。この件をネットで調べましたが、情報を得られませんでした。

TV欄を見ると
 フジ20:00から「ボクシング中継、世界フライ級チャンピオン・ボーン・キングビッチ対10位ファイティング原田」とあります。原田の勝利となり、日本に8年振りの世界チャンピオン・ベルトとなり、また世界初の10代チャンピンとなりました。