1961年4月1日(土)の新聞から

トップ記事

日経「けさ やっと成立、三十六年度予算、妥協成り 徹夜で審議」

読売「36年度予算やっと成立へ、けさ委員会可決、年度内ついに時間切れ、徹夜の総括質問、自社妥協に各派が反撃」

朝日「早朝、参院本会議へ、36年度予算けさ成立」

国会の事務方のお疲れ模様が浮かんでくる記事です。


この日の読売新聞から

気になった記事
 2面に「きょうから発足、国民年金と国民皆保険」とあります。国民皆保険は世界に自慢できる制度ですが、国民年金は自分の金だと思っていた方々のために、世界に恥ずかしい制度に成り下がりました。

目にとまった広告
 11面社会面下の左右2か所に、東京相互銀行の広告があります。右が「ヒマラヤ掛金」、左が「アルプス掛金」という商品であり、共に「本日から貸出金利を引下げ、お取り扱いを始めました」とのものです。この広告から相互銀行にとっては個人経営者が重要顧客だと分かります。

TV欄を見ると
 フジ12:00「モナリザ・コンテスト」という番組があり、出演は寺内大吉と伊藤美子です。この番組に興味を持ちWebで調べましたが、情報を得られませんでした。また寺内氏と共演している伊藤氏はどんな女性なのかと思いましたが、こちらも情報なしでした。