1960年12月13日(火)の新聞から

トップ記事

日経「衆院、代表質問に入る、社会保障は後退、第一陣に山本氏(社)、中共敵視やめす」

読売「衆院、代表質問にはいる、公約、全て後退、日中閣僚会議開け、山本氏(社)追求」

朝日「国会、代表質問始まる、日中打開策進めよ、金権政治を打ち破れ、山本幸一(社)」

 3紙とも衆院での社会党の山本議員の質問を1面で取上げました。中国との関係を模索していた時期のことです。この山本議員、1947年に衆院初当選、その後2度の落選を経験しながら、1983年まで議員を務めた方で、社会党の書記長も務めました。


この日の日経新聞から

気になった記事
 中小企業面に年末商戦の記事があり、百貨店の動きを伝える記事の見出しに、「ガソリンに火の活況」とあります。こんな表現の仕方、驚きです。

目にとまった広告
 日経新聞の名物連載「私の履歴書」の本の広告があります。第10集まで発行されており、各集6−10人の連載が収まっています。今と同様に政財界や文化人が中心で、その中でも5集の武者小路実篤が気になりました。因みに1957年から1973年にかけて49集が発行され、その後は文化人編で20巻、経済人編で24巻などの形で発行され、また単著でも発行されております。武者小路実篤は「私の履歴書」掲載が始まった1956年の最後に掲載された方です。

TV欄を見ると
 NHK教育11:35から「旅、横浜港」とあります。この時代の横浜港の様子を伝える貴重な映像なのでしょうけど、録画は残っていないでしょうね。