1958年7月1日(火)の新聞から

トップ記事

日経「臨時国会九月に開く、岸首相十一月に中南米へ」
 5月22日の総選挙の公約だった減税・国民皆保険・輸出振興が主法案とのことです。因みに総選挙では自主憲法制定を主張していたのですが、憲法改正発議の三分の二には届かずでした。

読売「ソ連、参加を表明、きのう米ソ代表会議、核実験探知、きょう専門家会議を開く、米 重ねて対ソ覚書、会議の前途は暗い」

朝日「ソ連、会議に出席、専門家会議、きょう開始、米ソ両国代表が会談」
 この核実験探知会議は日経も1面に掲載しています。日経と朝日は淡々とした報道ですが、読売は厳しい論調でした。


この日の日経新聞から

気になった記事
 2面に「乳製品の消費増やせ、農林省、学校給食会に指示」とあります。6月に同省が決めた牛乳・乳製品需給調整緊急対策の1つとのこと。学校を管轄する省庁ではないのに指示とは違和感ありです。


目にとまった広告
 広告に「紫外線で水虫がなおる、ナショナル殺菌灯治療器」とあります。紫外線とは意外と思ったのですが、検索してみたら今でも同様の治療器が発売されています。しかしパナソニックからは発売されていませんでした。


TV欄を見ると
 ドラマとは表記せず劇と表記されています。NHKが「夫婦得点表」、日テレが「新説牡丹灯籠」、KRテレビが「火の山」を放送してますが、劇と表記されています。