1958年1月18日(土)の新聞から

トップ記事

日経「閣議直前までもめよう、予算委、政府 党と最後の調整、防衛庁費は増額、進学保証制は別ワクで、蔵相妥協」

読売「重要懸案持越す、予算復活三次案を内示、軍人恩給 首相裁断へ」

 岸第一次改造内閣での混乱ぶりで、蔵相は一万田氏でした。日経にある進学保証制とは何かが気になりネットで調べました。旧制高等学校に関することかと思いますが、答えは得られませんでした。

朝日「藤山・マクラミン会談、今夕 シンガポールで、世界情勢など検討」
 日英の外相会談です。ハロルド・マクミラン氏は、1957年には英国の首相となった方です。


この日の朝日新聞から

気になった記事
 3面の海外トピックスに「ソ連クイズで残念賞、ニューヨーク市民」との見出しがあります。ニューヨーク・タイムス紙にモスクワ放送のクイズが掲載され、ゴードン氏が答えを送ったのですが、7問中最後の「社会主義の主な特色は何か」との質問に対する回答が満足できなかったとのことでした。ちなみに残念賞は黒海の絵葉書と、人工衛星の絵葉書でした。


目にとまった広告
 5面で明治製菓が「複合トローチ 明治」の広告を出しており、「水のいらないウガイ薬、肺炎・ジフテリア菌をはじめ30種以上もの細菌に確実に効果があることがわかりました」との宣伝文句を載せています。どの程度の「効果」なのか、知りたいところです。


TV欄を見ると
 NHK・日テレ・KRが大相撲を生放送しており、KRには金田正一氏がゲスト出演しています。プロ野球球団は12月と1月は選手を拘束できないのですが、当時はこの時期に球団が全選手を集めて合同自主トレを行っていたと記憶しています。そんな中でも金田選手は自由に行動できたのでしょう。何しろ前年には28勝、そしてこの年には31勝あげており、天皇 金田に誰も何も言えなかったのではと思いました。